プチ豊胸はどれくらい痛いの?

胸が小さい事に悩んでいる女性の望みが叶う豊胸手術は、昔はかなり身体に負担がかかる手術方法しかありませんでしたが、最近では気軽に行う事が出来るプチ豊胸も登場しています。
プチ豊胸はその手軽さのために人気となっていますが、プチ豊胸を検討している人がよく話題にする事の一つが、手術が痛いのかどうかについてです。

たまに、まったく痛みはないという宣伝をしているケースがありますが、まったく痛みが無いという事は断言する事は出来ず、痛みがある場合もあるといった方が良いです。
痛みについては、手術中は麻酔を行うのが普通であり、どのような麻酔を行うのかによっても変わってきます。
また、個人差もあるので、ある人が痛かったからといって、必ずしも他の人も同様に痛みを感じるとは限らないです。

基本的には局所麻酔を行う場合は、人によっては鈍痛を感じる事があり、ガス麻酔を行っている場合はまったく痛みを感じないです。
そして、痛みを感じる場合は、ヒアルロン酸の注入量が多いほど、痛みを感じやすくなります
どの麻酔を行うのかは病院によっても異なり、複数の麻酔を用意しているケースもあります。

病院によっても対応が異なりますが、局所麻酔であっても痛みが強いようであれば、麻酔の量を増やしたり、別の麻酔を行う事で対応してくれる病院もあります。
以上のように、手術中の痛みについてはきちんと麻酔を行えば、多少の鈍い痛みがある可能性はありますが、気になるほどの激しい痛みは心配ないです。
それでも不安であれば、ガス麻酔を行ってくれる病院でプチ豊胸を行うと良いです。

施術後については、ヒアルロン酸を注入する時に血管を傷つけてしまい、1、2週間程度治るまでに時間がかかる事もありますが、痛みについては数日程度の軽い痛みがある事があります。
気になるようであれば施術後に痛み止めを貰っていれば痛み止めを利用し、どうしても耐えられない程の痛みがある場合には病院に相談をした方が良いです。

そう滅多にある事では無いのですが、医師の腕が未熟である事が原因で、たまに注射する場所を誤ってしまって激しい痛みが出るという事もあります。
プチ豊胸は胸にヒアルロン酸を注入するだけの簡単な方法で、施術にかかる時間も30分掛からない程度の短時間で済むために、手軽な美容整形である印象が強いですが、手軽であると言っても正しい位置に注入をしなければトラブルになる事もあります。

病院に行くときにはきちんと信頼の出来る病院を探し、そこで施術をしてもらう事が大切です。

Comments are closed.